不動産の売却について|マンション売却の賢い選択|情報収集をしたもの勝ち

マンション売却の賢い選択|情報収集をしたもの勝ち

住宅

不動産の売却について

住宅模型とお金

都心回帰の流れ

現代の日本人は比較的持ち家志向が強いといわれています。戦後の高度成長期やバブル期にかけては、子育てしやすい住環境を求めて、大都市郊外に開発された分譲住宅地に一戸建てのマイホームを購入するということが一般的とされてきました。郊外の一戸建てマイホームは子育て世帯にとっては理想的な住環境であるといえます。しかし、子供が進学や就職、結婚などを機に独立して夫婦だけの生活となった場合、一戸建て住宅は夫婦二人で住むには広過ぎたり、駅や商店から遠く老後の生活拠点とするには不便と感じる世帯も少なくないといわれています。そのため、近年では郊外の一戸建て住宅を売却して都心のマンションなどに転居するケースが増えてきているといわれています。

業者選びのポイント

不動産の売却にあたっては、複数の会社に不動産査定を依頼したうえで売買の仲介業者を選定するのがよいといわれています。複数の業者に不動産査定を依頼することで、所有している不動産の概ねの適正価格を把握することが出来るようになるからです。複数の会社に不動産査定を依頼するにあたっては、インターネットの一括見積サイトを利用する方法がもっとも便利となります。しかし、必ずしも一番高値を提示した会社に依頼すればよいというわけではない点には注意が必要となります。市場の需要を無視した高値で売りに出した場合、結果として買い手がつかずに長期在庫物件となってしまい、最終的に大幅な値下げを迫られるケースもあります。そのため、不動産査定を依頼したうえでその査定根拠について直近の取引事例などをもとに納得のいく説明をしてくれる業者に依頼するのが一番よいといわれています。