第一に知識を得ましょう|マンション売却の賢い選択|情報収集をしたもの勝ち

マンション売却の賢い選択|情報収集をしたもの勝ち

住宅

第一に知識を得ましょう

マネー

契約方法による違いは

不動産売却は、すべてを業者まかせにするのではなく、ある程度の知識が必要です。まず、不動産業者との契約形態を検討します。不動産売却では、一般媒介契約もしくは専任媒介契約が一般的です。専属専任契約と言うものもありますが、売主にとって不利なことが多いために、これを選択する方はほとんどいません。この二つは、どちらも一長一短があります。一般媒介のメリットは、複数の業者と契約を結ぶことができるので、一社のみに売却を依頼するのと比べて売却しやすい可能性があります。しかし、不動産業者は、自社に手数料が入ってくるかどうかが不確定のため、広告などで経費をかけた営業をしにくいのです。そのため、いつまでも売却できないという事態に陥る可能性があります。

専任媒介がいいのか

専任媒介は、売れれば必ずその不動産業者に手数料が入るため、不動産業者は経費をかけてでも積極的に売却しようとします。また、手数料は売却金額によるため、高く売ることで手数料も多く入るので、その点でも不動産業者の姿勢が積極的になります。しかし、専任媒介では良い業者を選ばないといつまでも売却できない事態に陥ってしまうため、不動産業者選びが非常に重要になってきます。不動産売却の契約方法は、最終的には物件によります。多くの方が購入したい物件であれば、一般媒介が有効です。反対に、営業活動をしないと売れにくい物件であれば、専任媒介によって積極的な営業活動をしてもらうと良いです。不動産売却が成功するかどうかは、業者選びで決まります。契約までにしっかりと相談をして、信頼できる業者を選びましょう。